いわきの林道群・硯石林道~官沢林道~盤木沢林道

序盤から分岐だらけですでに訳が分からなくなりつつある。

マップルを見ても分かるように、非常に複雑に絡み合っている林道群。

果たしてこの迷路から抜け出せるのか・・・


て言うか、大人なんだからわかるでしょ普通・・・


と言う訳で、激しい霧雨の中、ややテンション下がり気味で硯石林道へ。
画像


深い切り通しで峠らしき雰囲気だ。
画像
なんかいい感じ。

斜面から転がり落ちた巨大な石ころ?が
画像
撤去するのも大変そうだが、このままでもいいような気もするなぁ。

しかし、当たったら絶対に痛いだろう。

斜面の上部にはまだ不発弾を抱える。
画像
もはや時間の問題だな、こりゃ・・・

しばらくするとまた分岐が
画像


硯石林道硯石支線
画像


1kmくらいで行き止まりでした。
画像


霧雨は更に激しさを増す(だから雨だっつーの)

たまらずレインスーツ投入、カメラも防水のザクティーに取り替える。

合羽を着たら止んできたって言うのはよくある話。

まぁ、いいことなんですが・・・


また戻り硯石林道の本線を進む。
画像


超高速でリアをスライドさせながらヘアピンをやり過ごし(嘘
画像


官沢橋を渡る
画像


橋のすぐ先はY字路になり硯石林道はここで終わる、右は官沢林道、左は盤木沢林道になる。
画像


標識には「宮沢」とあるが実際は「官沢」でいいんですよね?
画像


まずは官沢林道に行ってみる。
画像


これと言って変わった所は無い普通の林道、路面もいたって普通だが、崩落の痕も残る。
画像
タイヤ痕も多数、大盛況のようだ。

ここが峠だろうか。
画像


特に眺望がある訳でもなくダラダラと5kmほどでゲートが現れ舗装林道に出て終了。
画像


とりあえずどちらへ行っても舗装なので戻り、盤木沢林道へ入る。

また激しい霧雨に襲われる(だから雨だっつーの)

ゴーグルも曇りがちで視界が最悪、おまけにカメラのレンズにも水滴が付き画像もいまいちだ。
画像


こんな苔生した法面も見え、官沢林道に比べいくらか趣がある林道ですね。
画像


晴れていれば眺望もよいのだろうか、残念ながらこの日は何も見えず。
画像


盤木沢橋。
画像
しかし、さっきの官沢橋付近の景色とそっくりだなぁ。

同じことろをグルグルと走ってるような錯覚さえ起きる。

そして4kmほどで県道20号に出る。
画像


画像


画像


盤木沢林道、距離こそ短いがなかなかいい感じの林道でした。


一旦県道に出て硯石林道を目指す。



この頃には激しい霧雨もすっかり病んでいた(だから雨だっつーの)

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヒデ
2012年07月07日 09:31
なんというラビリンス!またまたやらかしてますねぇ!
しかしいわきまで自走すか?なんという鋼鉄のケツでしょう!とても真似出来ません。

こないだ取り替えたスプロケそろそろ交換時期じゃないすか?(笑)

さて、B級?映画の『less』を思い出してしまいました。果たして無事に現世に戻ってこれたんでしょうか・・

最終的にバターになっちゃったつうオチだけは勘弁願いますm(__)m

梅雨シーズン、レポート楽しく拝見しております。
朝日
2012年07月07日 18:07
おばんです
6月の末に「芳刈林道」の記事がありました。
南蔵王・舟引林道をR13方向に直進すると、上山市で一番の高層マンションが見えます。
以前このマンションを、森高0里+江口0介夫妻が別荘にしていました。
どうも亭主の「渓流釣り」の宿にしていた様です。
実際、西五百川林道(黒鴨林道の続きで朝日川沿い)や大井沢(寒河江川上流)で出合ったヒトがいます。
実はオイラも山形市の南ジャスコで見かけました。
その時江口0介は「ちくわ」をいっぱい買ったので、あの夫婦は「おでん」が好きなのだ!というコトになってしまいました。(ほんとかどうかは、ともかく)
この話は上山市の一部のヒト達の間では、有名なのです。(いつもヨタ話ですいません)

毎年7月末は裏磐梯ツーリングの帰りに土湯を通り、福島市の西バイパスで「もも」を土産に買っていました。
十年以上同じ農園で二箱買っていたので、顔見知り というより、名詞を置いてきたので年賀状ももらいます。
どうしているか少し心配です。
「おまけだよ」といって4~5個別の袋に入れてくれたんだけどもなぁ~。
U・BON
2012年07月07日 21:48
ヒデさん、お晩です。
なんか変な所に迷い込んでしまいました。
同じ景色が正夢のように繰り返され、タヌキにつままれた気分でした。

ラビリンスまでは自宅から約1時間半、谷田川辺りでケツが壊れ出します。
スプロケどころかチェーンまで伸び切ってました。

最終的にはネオソフトですかね・・・



U・BON
2012年07月07日 22:06
朝日さん、お晩です。
わかりますその高層マンション、上山でひと際異彩を放つその姿はまさに上山のサンシャイン60?

しかも江口○介夫婦の別荘だなんて、貴重な情報ありがとうございます。
しかし「おでん」好きだったんですね・・・
ちなみに私は、「ちくわ」の穴にマヨネーズ満タンで食うのが好きです。

毎年福島の農園(近所かも)で桃をお買い上げいただきありがとうございます。
福島の農家の皆さんも頭を痛めてることでしょうが、負けずに頑張っていると思いますので、今後ともよろしくおねがいいたします。






この記事へのトラックバック