新緑の万世大路をゆく(栗子隧道山形側坑口)後編

ついに万世大路が牙をむく!

襲いかかるウワバミソウの大群生
画像
実に美味しそうだ。

採って行こうかな~

などと呑気な事言ってる場合じゃないぞ!

だんだん頭の中が廃テンションになってきた。
画像

画像
道の先が見えなくね?もうイタドリに埋もれそうだよ。

これは灌木の隧道か?
画像


もうここまで来るとゼンマイ道です。
画像
分岐のように見えるが左が本線、右が迂回路らしい。

巨大なシダ類がワサワサと生い茂り、さながらジュラシックパークのようだ。

せっかくなので本線を進むが泥濘がヒドイ。
画像
しかしここにも車のタイヤ痕それともトラクターか?

恐るべしジムニスト・・・

泥濘の先はもはや道ではないぞ!

どう見てもシシウドの新芽を食うカモシカだね。
画像


新芽の捕食に夢中になり何処に迷い込んだのかカモシカクンよ
画像

画像




と、その時!



なんか見える???
画像



わああえうおおおををーーーー!!!

と間抜けな雄叫びとともにそれは現れた
画像

画像


米沢砕石からノロノロうろうろと小一時間


栗子隧道山形側坑口、到着!

隧道の前は広い空地のようになっていて、初代隧道の「栗子山隧道」と二代目「栗子隧道」が二つ並んでぽっかりと口を開けていました。

もう神の領域としか言いようがありません。

栗子隧道の外観は福島側から比べるとかなり傷んでいる。
画像

画像
かろうじて扁額が残っていると言う感じ。

内部はと言うと明らかに崩落が見えます。
画像
なんかぶら下がってるし・・・

これはとても内部に入る気にはなれませんな!


で、栗子山隧道は一見ただの洞穴にしかみえません。
画像
入口が斜めなのは雪の吹き込みを防ぐためだとか

掘削機の跡でしょうか?
画像
ひっかき傷のような跡があります。

なんとも不気味な佇まいだ。

こちらも崩落が激しそうなので内部には入りません。

て言うか一人なんで最初から入る気はないんですけどね。


そんなこんなでどれ位居たでしょうか、ひとしきり眺めて隧道を後に
画像



そして砕石場に戻るとトラ車のおじさんが出発しようとしていた。
画像
なんでもジープで行けるかどうか下見に行くとの事

どうしてもジープで行きたいらしい。


これでついに山形側も走破だ!


走破・・・??

そう言えば福島側は歩きだった

これはどうしても福島側もバイクで走破しなければなりません!

と言う事で、しつこいようですがまだ続きは後日
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

mAm23
2009年05月25日 22:24
いきてー!!
赤い流れ星君(仮称)のキャリアが来たらテントを積んで出かけてみようかなぁ~(^▽^;)
つーか、草が・・・・・・( ̄Д ̄;;
U・BON
2009年05月26日 20:11
mAm23さん、お晩です。
早くしないと草ボウボウに・・・
それはそれで楽しいかも!
来る際はご一報いただければお供いたします!
2009年05月27日 14:54
さすが・・いきますね~
なぜか・・中は不気味さも感じますが?
臆病なわたしでした
U・BON
2009年05月29日 21:46
桧原さん、お晩です。
中は不気味ですよ本当に!
私も臆病ものなんで、決して一人では見ないでくださいです!
ジムニー花屋
2009年07月26日 22:16
はじめまして。楽しく読ませ貰っています。トラクタータイヤの跡は、当方等です。万世大路の栗子隧道は、山形、福島両側ともジムニーで隧道内の崩落現場まで行きました。とくに福島側のあの細道のクリアーの仕方は、内緒です。
今後の活躍を期待します。
U・BON
2009年07月27日 10:03
ジムニー花屋さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
初めて万世大路に行った時ジムニーらしきタイヤ痕があったのにはビックラこきました!
世の中には凄い人達もいるもんだと。
とくにあの一本橋の所が不思議でなりませんでした。
その後画像拝見いたしまして、更にビックラこきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック