秘湯・姥湯温泉

今日は朝から雨

午後から天気回復の予報でしたが、雨も上がりそうにないので息子二人と

「ちょっと、風呂でも入りに行こう!」

と言う訳で、久し振りにジムニーで出動

目指すは山形と福島の県境付近の姥湯温泉

姥湯温泉と言えば日本有数の秘湯で、室町時代に開湯、山師が山姥に教えられ発見されたため姥湯と名づけられたらしい。

国道13号線を山形方面へ、東栗子トンネルを抜けてすぐに左折
画像


板谷集落の最初のT字路を右へ
画像


JR奥羽本線・板谷駅の真上を通ります。
画像


あとは分岐ごとに標識が出ているので迷うことはありません。
画像


舗装路ですが、ガードレールもなく道幅も狭いので対向車には注意です。
画像


滑川温泉との分岐から先はさらに道幅が狭くなり、最大斜度22度と急勾配でスイッチバックのヘアピンカーブと、普通車ではかなりキツいです
画像


バイクだったら楽勝なんですが・・

やっと登り切ると姥湯温泉の駐車場までの数百メートルのダートがあります。
画像


駐車場に車を止め吊り橋を渡り
画像


姥湯温泉に到着!
画像


自宅からの所要時間約50分

「ドッポ~ン!」
画像


「あ~、温泉はいい!」

ロケーションも最高!さすが秘湯
画像


と思っていたら、なんか見たことあるような・・・









人が・・・










「なんと、賀曽利 隆さんでした。」
画像


そうです、あのツーリングマップルの表紙や「300日3000湯」の温泉めぐりでおなじみの賀曽利 隆さんです。

こんな所で会えるなんて。

来る途中、後ろを走ってたバイクがそうだったんですね!

1週間の予定で温泉めぐり、今日は姥湯が8湯目で結構ヘトヘトだと言ってました。

「でも、温泉はやっぱり東北がいいね~。」とも言ってました。

めちゃくちゃいい人でした。

これから国道113号線から仁井宿峠を越え、宮城県の白石市に行くようで、お先に失礼と握手を交わし行ってしまいました。

うらやましい限りですね!

他の人も帰り貸切状態、二男が姥湯でクロールで泳ぎ出したところで私たちも帰路に、

帰り道にJR奥羽本線・峠駅、板谷駅に寄り帰りました。

画像はデジカメ痛恨のバッテリー切れでありません。

息子たちは今日のことを夏休みの作文に書くと張り切っていましたが、どんな作文になるんだか・・・






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

GOSTRY
2008年08月18日 09:39
超うらやましいです! 秘湯もすばらしいけど、あの、加曾利さん! 約30年前TS250での峠越えレポートを夢中で読んでいました、未だに現役、すごいですね、私も会いたい!!!
kyo‐p
2008年08月18日 20:53
姥湯温泉ですか。さすがですね、なかなか目の付けどころが違います。それにしても…また板谷、峠駅に寄りましたね。 私は先日このブログにコメントを寄せた後、母親が夢に出てきて寝起きが物凄く悪かったため、お盆に実家に行き久しぶりに母親と会って来ましたよ。 実家に導かれたのもU・BONさん!あなたのおかげです!
ヤギとハイキング
2008年08月18日 21:41
小学生が秘湯について熱く語る作文・・・。
うん!なかなかいいと思います。
プールが楽しかった・・なんて作文より絶対に褒められると思いますね。
U・BON
2008年08月18日 23:23
GOSTRYさんへ
まさか、会えるとは思いませんでした!
賀曽利さん、還暦にしてあのパワーは素晴らしいです!
またどこかで、会えるかも!

kyo‐pさんへ
それは良かったです!
米沢なんて、すぐそこですから、たまに行ってあげて下さい。
私はなぜだか、板谷周辺が好きなんです。
いつも行く山から、丸見えですからね!

ヤギとハイキングさんへ
さっそく、書いていました、読んだらがっかりしますよ!
プールが楽しかった・・なんて作文の方がよかったりして。最後には私の作文になるかも・・




くじら
2008年08月21日 20:33
2007ツーリングマップル引っ張り出して、見てみましたw
まさしく賀曽利さんですね!
同じ顔ですw
U・BON
2008年08月21日 23:49
くじらさん、お晩です。
ツーリングマップルの賀曽利さん、山で落としたので、本人が現れたのかも・・

この記事へのトラックバック