2019氷上ワカサギ釣り・・・暖かいねぇ

昨年末の大雪もすっかり視界から消え、福島市内は、と言えばワカサギ釣りに行く雰囲気はゼロです。

しかし、ワカサギシーズン真っ只中。

メルカリでメタルジグを買い漁り、気づけば20個も買ってた話し。

頭の中は海だが、体は湖。

そろそろ花粉なんか飛ぶのか?

などと考えつつ、夜な夜な酒飲みながら前回の残りの紅サシを幼虫とサナギに分けワカサギの準備。

あっ、グラスにオガクズ入った・・・

サシじゃなくて良かった。

ワカサギ準備あるある



バカか?

でもね


ノーススターのマントル4年ぶりに交換したんだけど、か形がいまいち気に食わないんですよ。




と言う訳で、先週に引き続き秋元湖へワカサギ釣り。

今回はO内君と。

今シーズンは駐車場も変わり、早く行かないと車止めるのも大変なので3:00出発。

4:00ちょい過ぎに金堀到着も、すでに5台並んでた。

皆様、ご苦労なこってす。

相変わらずO内君、荷物てんこ盛りに激坂下り。

本日は浅場狙いで6m付近を捜索。

前回とはえらい違う手動ドリルでガリガリと穴あけ。

二の腕がパンパンになる前にまあまあの穴発見。
画像
が、これは当歳魚の群れに違いない。

案の定、宍戸錠

釣れてくるのはマッチ棒サイズ。

それでも、最初はいい感じに群れが入ってきた。

しかし、ヤツは突然やってきた。

O内君の穂先がぶち曲がり。
画像


画像
今日こそ食ってやる。

と言うことで、群れは何処へやら・・・

時折群れがやってくるが、相変わらず当歳魚。

小さく乗せきれず11:00でやっとこのくらい。
画像


昼過ぎにやっと束越えするも

天気良すぎ

無風

後頭部に太陽が照りつける。

そとを見渡せば、露天釣りの人が多数。
画像


こんな時は、テント全開でカップラーヌン食って昼寝。





・・・





・・・













ウトウトから深い眠りに落ちようとした瞬間


O内君の電動の唸り音で目覚め。


前回と同じく、重役出勤のワカサギ。

やはり当歳魚。

最後の追い上げも虚しく、カウンター115で終了。
画像


O内君80くらいでした。

釣果はイマイチだが、晴天の氷上ワカサギ釣りは至福の一時

最後に地獄の激坂が待ってるけどね・・・


で、やっぱりヨレヨレ




夜は


画像


食ってやりました。

食うとこ少ないけど、味はカニ?

ミソもカニミソ?

普通に旨かったよ。

今気付いたけど、ハサミねーし













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック