2018酒田離岸・・・3回戦

不調だった我が家のボイラー。

やっとこさ、新品に交換。

やっぱりいいな、途中で電源落ちないって。

しかし35万は痛い。

まぁ、これで冬も快適に風呂に入れるってもんです。

と言う訳で、13日の夜~15日の朝にかけて酒田離岸へ。

酒田エキスパートのO沢さん達は、前日から北側の先端にいると。

状況は芳しくないらしいと言うことで、我々は波力の南側に上がりました。

さすがに日曜日とあって満員御礼。

とりあえず、泊まり組の帰りそうな人に声かけて場所確保。

聞けばアオリイカが釣れたとのこと。

早速エギングするが無反応。

そのうち近くでカゴ釣りやってた人に、デッカイ真鯛。

さらに連発、羨ましい限りです。

泊まり組は我々だけらしいので、人が少なくなってきたてころで先端に移動。

移動するやいなや、ナブラ。

すぐにヒット!
画像

正体はサゴシ。

ナブラの度にヒットしてはバラシを繰り返し、サゴシを3本ばかりキープしたところで、今度はイナダのナブラ。

物凄い数のイナダがチェイス。

釣れてくるのは小型ばかりだが、しばらくはナブラ打ちで遊んだ。

午後になり、ナブラのかわりにナブラの様な、サビキ軍団乱入。

まぁ、夜9時までしかやらないみたいなので、一緒にワイワイと。

アジングに切り替え、すぐに小アジ、泳がせの餌にピッタリサイズ。

O内君は泳がせで大型狙い。

すぐに何かヒットするがラインブレイク。

その後、根に入られラインブレイク。

自分はその横でアジングしていると、掛かったアジに何か食い付く。

走られて速攻でラインブレイク。

同じパターンで何回かやられる。

おそらく掛かったアジにすぐに、サゴシかイナダが食い付くのだ。

だいぶ餌も確保したので、自分もアジで泳がせ。

間もなくラインが張ってる感じがしたので、合わせ入れると何か食い付く。

ひたすら重いが、あまり走らない。

ヒラメか?勝手に頭の中にヒラメが見えた。

ところが急に走り始めやがった。

9フィートのシーバスロッドがブチ曲がり。

やっと浮いてきたのは結構なサイズ。

手前のスロープがイヤらしいが、なんとかランディング成功。

正体は

画像

ワラサ75cm

嬉しいお土産が出来た!

その後は何も起こらず日没。

午後から乱入してきたサビキ軍団は良型のアジを釣りまくり、嵐の如く去って行った。

夜はメバル狙ったが、納得のサイズは1匹のみで不発。

結構な雨もあり、しばらくテントで仮眠。

そして、期待の朝マズメ。

画像

サゴシ1匹とタチウオ1匹を追加し、タイムアウト。

日中は魚の活性も高く、楽しい釣りになりました。

今回の釣果。
画像




帰りの船でO沢さん達と合流。

後半はかなり釣れたようでした。

こんな真鯛も。
画像

さすがです!

さぁ、来月も行きたいな。

あとは天気次第。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック