2015氷上ワカサギ釣り・・・in桧原湖(早稲沢)

1953(昭和28)年2月1日午後2時、東京・内幸町の東京放送会館から「JOAK-TV、こちらはNHK東京テレビジョンであります」の第一声とともに映像がブラウン管に流れました。

これが、日本初のテレビの本放送。その後、続々とテレビ局が開設されていきます。

とまぁ、今日は「テレビ放送の日」だったんですね。

その他、「琉球王国建国記念の日」、「京都市電開業の日」

さらには、「ニオイの日」らしい。

2000年に制定「に(2)お(O)い(1)」の語呂合わせだそうですが、日本国民のどれだけ知ってんだか。

そんな記念日に、今シーズン2回目の氷上ワカサギ釣り。

なぜか、桧原湖にやってきました。
画像


と言うのも、秋元湖に行ったはいいが強風と言うか暴風のため中止。

遊漁券販売のオバちゃん曰く「この風だがんなぁ、昨日、千貫で迷った人いだんだよ、んだがら漁協どバア様の言うごど聞がっせ、遠ぐがらきたのにわり~なぁ。」との事だ。

無事帰還が絶対条件、無理は禁物です。

そこで、今日ワカサギ釣り行きますと言っていた取引先のOTM君に電話すると、「今ちょうど、早稲沢に着きました。風はあまり吹いてないっす。」

と言う訳で、桧原湖行決定。

到着すると、風はほとんど吹いていない。

桧原湖など、かれこれ10年くらい前に屋形に乗った時以来である。

ましてや早稲沢で氷に乗るのは初めてで、ポイントなど知る由もないので、先に到着していたOTM君のところまで行く。

しかし、前日の雪がかなり積もっており、かなり歩きずらい。

風呂でのスクワットを25回に増やしさらに足腰を強化?してきたがもう足がガクガクだよ。

周辺を魚探で探ると、以外にも濃い反応があったので、テント設営。
画像

この時点で、すでに7:00くらいになっていた。

かなり出遅れた感はあるが、さらに仕掛け作りに手間取り、釣り始まったのは8:00近くになっていた。

相変わらず魚探の反応は濃いが、アタリがない。

と言うかわからない。

やっと一匹釣り上げたが、ビックリするほどサイズが小さい。

こりゃ、アタリもわからんわい。

めずらしく電動2丁でやるものの、慣れないせいか片方はほぼ機能していない。
画像


10:00少し前でこの釣果。
画像

撃沈の予感。

OTM君達のテントも釣れていないようだ。
画像


途中でOTM君からの差し入れのモツ煮込みなど食いながら、のんびりと釣る。
画像


なんとかフカセてアタリをとり、11:30でやっと60匹。

周りのテントからは「釣れね~。」しか聞こえてこない。

結果、13:30まで粘り74匹で納竿。
画像


帰りも凄い雪。
画像

ワイパーぶったたきながら帰還。

今日釣ったワカサギの最大と最少。
画像

小さいのはマッチ棒サイズ。

て言うか、マッチ棒より小さいし・・・

むしろこのサイズ釣る方が難しいかも・・・

秋元湖に慣れるとちょっとね。

まぁ、上手い人はもっといいサイズの狙って釣るんだろうな。


とりあえず久々に天ぷらで食いました。

やっぱ、美味いね。


あぁ、次は秋元湖でデカサギ爆釣したい・・・













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック