入水鍾乳洞

とある休日の昼下がり、娘と暇を持て余していたところ唐突に思いついた。

「今度あぶくま鍾乳洞に行こう。」

と言うことで、料金など調べたら結構するんだね。

「あぁ、近くにもう一つ鍾乳洞あったな。」

と言う訳で、料金的にリーズナブルな入水鍾乳洞へ。
画像
草で見えませんが、看板には「ようこそスリルと探勝の入水鍾乳洞へ」と書いてあります。

ちなみに横には「夢と空き缶 すてないで」  その通りですとも・・・

さて入水鍾乳洞ですが、国の天然記念物に指定されています。
画像

全長約900m、A、B、Cの3つコースに分かれ、A、Bコースは普通?に入れます。(Bコースはずぶ濡れ覚悟で)

Cコースは予約制でガイド付きじゃないと行けません。

Bコースからは終始冷たい水の中を歩くので、多少なりとも根性が必要です。

基本半ズボンでもOKですが、娘には私が昔使っていたウェットスーツの袖の部分が足にピッタリだったので着用させました。
画像
動きも悪くないし、膝付いても痛くないしね。

洞内は年間通して15℃前後で夏は肌寒く感じます。
画像
この日は気温は30℃を軽く越え、実に気温差は20℃くらいありました。

Aコース終点までは照明もあり、狭いながらも問題なし。
画像

画像

画像


Aコース終点及びBコース入口
画像


ここから先は闇と冷水との戦いが待っている。

Bコースに入るといきなり冷水の洗礼を受ける。

狭い、暗い、冷たいの三拍子揃った洞穴である。
画像


もはや明かり無しでは動けない。

ヘッドランプの明かりを頼りに奥へ進むと「胎内くぐり」が待ちかまえていた。
画像


なんだ!この狭さは!
画像
細い娘でもこの有様だ。

我々探検隊はなんとか「胎内くぐり」を通り抜け、更に奥地を目指す。

と、その時・・・

驚愕の光景を目の当たりにする。

「第二胎内くぐり」である。
画像
ここまでか・・・

と、その時・・・

娘はその細い体を巧みに利用し「第二胎内くぐり」を通り抜け、向こうからライトの明かりをこちらに向けていたではないか。
画像


な、な、な、何という親孝行、涙が出てくる。

何とか娘のおかげで「第二胎内くぐり」を通過。

その後も娘は先頭に立ち、だらしないオヤジを導いてくれる。
画像
なんとも頼もしいではないか。

そして、ついに我々探検隊はBコースの最奥部の「かぼちゃ岩」に辿りついた。
画像

画像


そこは前人未到の最奥部・・・


の、はずもなく男女4人の先住民が暮らして、いやっ、観光に来ていた。

せっかくなんでお互いに写真の撮りっこ。
画像
もう、ここまで来ると水の冷たさにも慣れていた。


と言うことで、当然帰りも同じ道のりを辿ります。



そして、出口へ
画像


「喜びの窓」暗闇から見えた一筋の光は希望に満ち溢れていた。


入る前は怖がっていた娘だが、知らぬ間に逞しくなっていた。





娘よ!洞窟は一人で入っちゃいかんよ。



























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

朝日
2012年08月04日 20:01
おばんです
恒例の裏磐梯ツーリングに行ってきました。
例年スカイバレー・桧原湖・秋元湖→土湯温泉コースでしたが、今回は磐梯吾妻スカイライン・浄土平コースにしました。
昨年まで浄土平レストハウスに駐車するだけでも有料でしたよね。
今年は「無料開放」と書いてありました。
この「有料」が他県人には理解できず、悪評になっていました。
福島県観光物産交流協会という(いかにも?)団体が、絡んでいるようです。
夏休みなのにヒトケがないのは、災害のせいだけではない様な気がします。
(山形県山寺立石寺でも駐車場で五百円とりますが、あれは個人の敷地です)


ヤギとハイキング
2012年08月07日 10:16
こんにちは。
私も高校時代遠征の帰りに、みんなで入水によっ事があります。あまりの水の冷たさに絶叫ばかりで、結局先生からギブが出て途中撤退になった記憶です。親子でたどりつき記念写真!幸せですね!
家の次女は今週、行事であぶくま鐘入洞へ行く予定があるのですが・・・・熱下がらないと欠席だなぁ
U・BON
2012年08月10日 11:36
朝日さん、こんにちは。
裏磐梯ツーリングお疲れ様でした。
スカイラインは去年から無料だったんで20年ぶりに行ってみました。
自宅から30分もかからない場所なんですけどね。
どんな団体が絡んでるかはわかりませんが、基本有料道路は走りたくありません。
今年も娘と行ってきましたが閑散としていました。
去年は大渋滞だったんでしけどね・・・
U・BON
2012年08月10日 11:46
ヤギとハイキングさん、こんにちは。
あぶくま洞は何度か行ったことがあるんですが、入水鍾乳洞は初めてでした。
水はかなり冷たかったんで娘が心配でしたが、以外にもオヤジを置き去りにしてどんどん先へ行ってしまいます。
逞しくなった娘に嬉しくなりましたが、近い将来、娘はオヤジを置き去りに出て行ってしまうんでしょうか・・・
のすけ@59
2012年08月17日 16:58
久しぶりに、こんにちは。なんと嬉しいことでしょう~娘と探検できるなんて...!さらに、先導する勇姿は、頼もしいじゃないですか。ぜひ、うちの娘にも見習っていただきたいですものです
U・BON
2012年08月20日 12:28
のすけさん、どうもです。
娘と探検などできるのは今のうちだけ。
さぁ、君も舗装を抜け出し、娘と未開の洞窟へGOだ。

この記事へのトラックバック