笹ノ峠・・・その2

丸森側の笹の大海原を前に撤退を余儀なくされ、仕方なく霊山側から笹ノ峠を目指す。

副霊山隧道を抜け玉野から、いったん国道115号へ出る。
画像


霊山町石田地区から県道316⇒県道31号・浪江国見線を経て再び県道45号・丸森霊山線へ。
画像
看板の通行止マークが鮮やかだ。

笹ノ峠まで5.6km
画像


画像


山神と刻まれた巨岩が身を乗り出すように道路沿いに祀られている。
画像


民家が無くなると道幅は半分になる。
画像


舗装とは名ばかりの路面。
画像


ついに未舗装になる。
画像


画像
笹ノ峠まで1.6km

夏草の繁殖により更に道は狭くなる。
画像


路面も荒れ気味。
画像


画像


突然ガードレールのバリケードが現れる。
画像
まぁ。普通に道路の部分は開いてますが。

この辺りから幾分路面は良くなってくるが夏草の繁殖はとまらない。

その時・・・

カーブが終わり直線になった所で目の前に茶色の物体が佇んでいた。

しかも結構デカい。

それは阿武隈山系に多いイノシシだった。

一瞬、心臓が止まりそうになった。

向こうもビックリしたのだろう、こちらを向いたまま体を硬直させ微動だにしない。

5秒ほど時間が止まった。

我に返りあわててカメラを向けたが、イノシシは体を反転させ猛烈な勢いで逃げていった。

ボルトより速い・・・

イノシシが去った後の直線。
画像
ギリギリ足ぐらい写っているかと思ったが草しか写っていなかった。

思わぬところで野生動物の歓迎を受け先へ進む。

視界は開け路面も良好。
画像


画像


最後の大きなカーブの後、道は突然終わりを告げる。
画像
この先に道の気配はない。

戻りながら峠への道を探すが、結局見つけられず本日の探索は終了。

て言うか、こう暑いとやる気も失せるだなぁ。


地元から期待され着工から何十年か経った今なお開通の歴史を持たない県道丸森・霊山線

今後日の目を見る時は来るのだろうか。


藪がなくなったら、また来てみよう。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック