林道入山線

林道入山線、宮城は白石川支流の入山沢に沿って走る林道。

福島からは小坂峠を下り「やくせん旅館」の看板が目印だ。
画像


十数年前、岩魚釣りに一度だけ入山沢に入った事がある。

もちろん岩魚は釣れなかったが・・・

その時チャーリーさんのジムニーで走ったきり、記憶もおぼろげだが、ピストン林道だったはずだ。

しかし、途中で分岐する林道熊鷹線の支線には、萬歳楽山の登山道と繋がり更に林道小畑線で小坂峠に戻るコース、または林道北口線で半田山自然公園に繋がるコースがあると最近になってある先輩から聞いた。

その先輩は、ビッグオフでその支線で転倒、それ以来「ダートなんか走るもんか」と心に誓ったらしい。

あぁ、そこ行ってみようか。

なんて娘の授業参観で電池で動く車など作ってる最中、ふと思ったのである。

と言う訳で、授業参観も終わった昼下がり小坂峠を越え、林道入山線に入る。
画像


やくせん旅館を越えるとダートが始まる。
画像


画像
最初はいたって普通のフラットダート。

入山集落を過ぎると少し荒れ気味になってくる。
画像


画像


3km弱で林道熊鷹線との分岐になる。
画像


画像


入山線から熊鷹線に入る。
画像
熊鷹線は上戸沢へ抜ける延長三、二三〇米のダート、現在は通行止となっている。

入山線は渡河地点もあった様な記憶もあるが、ピストンなんで今回は割愛、タイトルの林道なのに何でよ?みたいな・・・

まぁ、戻ってくるの面倒なんで。

熊鷹線の路面はやや荒れ気味です。
画像


しばらく行くと崩落個所の測量してました。
画像
測量の方に「この先抜けれますか」と聞くと、「抜けれるよ」との返事。

ちょうど崩落地点から戻るように支線がある。

「これって萬歳楽山に抜けますか」と聞くと、「あぁ、どうだかなぁ」と返事。

とりあえず行ってみる。
画像
何気に舗装されてるし。

しかし、すぐにダートになり、しかもかなりの急勾配、藪も濃くなる。
画像
なかなかいい感じだ。

道幅は狭いが路面は意外にしっかりしている。
画像


お約束の倒木。
画像
倒木は完全に道を塞ぐ。

あぁ、これまでか・・・

と思いきや、やはりありました迂回路。
画像


誰かしら作るんだよな。
画像


画像


画像
無事通過。

倒木迂回の次は倒木潜り。
画像
今日も倒木祭りだ。

道幅はさらに狭くなってくる。
画像


急勾配のヘアピン。
画像


この辺りから路面に萱が被っていて滑りやすい。
画像
さらに急勾配、先輩が「ダートなんか走るもんか」と思わせたのがこの辺りだろうか。

ちょうどタニウツギが見頃だった。
画像


最後の倒木のアーチを潜る。
画像


歳楽山の小畑登口
画像


水場、駐車場の看板。
画像
終点は近い。

間もなくT字路に出る。
画像


方向的には右だろうが、とりあえず左へ。
画像
一瞬、ドキっとする。

あ~、この軽トラやっちゃったなこりゃ・・・

と思ったら放置車両だ、なんとも薄気味悪い。

結局行き止まりだが、奥に向かって山道が延びていた。


また戻りT字路の先間もなく駐車場、林道小畑線の終点だ。
画像
やはりこの道でよかったようだ。

そのまま進むとY字路。
画像


右は林道北口線。
画像


左は林道小畑線。
画像


現在工事中で通り抜け出来ない小畑線に進む。

やっぱり工事中でした。
画像
しかし、通り抜けは可能。

そして小畑線の起点、小坂峠に出て今日の林道探索は終了。
画像


小畑線から林道鳥取線を望む。
画像


ここから更に林道鳥取線~県道107号~石母田峠など合わせて走ると、かなりの距離のダートが楽しめる。




先輩に「ダートなんか走るもんか」と言わしめた林道。



重車両はともかく、軽車両なら結構楽しいかも。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヒデ
2012年06月16日 08:29
おはようございます!またまたあきませんことやっとりますやん!
一歩踏み外したら二度とシャバには戻ってこれそうにない崖とか
さすがぶっつぁけ隊です。ハラハラしながらレポート読み終えました。
途中まで読み、もしかして生還してないんじゃないか?と不安になり途中でページを閉じたりしつつ、
結局勇気を出して最後まで読み終えました。生還してて安心しました。

萬歳楽山は好きで、2回ほど登山したことあるんですが、頂上の展望台から仙台の海が見えたり茂庭ダムが見えたりと非常に刺激的な山ですね。
周辺林道は万蔵稲荷にひょこって出る林道しか通ったことなく、気になってたのでレポート助かりました!
このレベルはぼくには無理くさいので、秋の草木が無いときに挑戦してみます!
U・BON
2012年06月16日 23:00
ヒデさん、お晩です。
生還出来なかったら、あの世から更新します。

まぁ、かなり大袈裟に書いておりますんで、あの崖など転倒しても道の真ん中に転がるだけ。

最悪、倒木に引っかかって脱出できないかもですが・・・
藪が無い晩秋の方が無難かもしれませんね。

ヒデさんは山登りもやるんですか?
萬歳楽山なんか楽しそうですね。

あの界隈は怪しい隠れ林道がいっぱいあるんで、今度ゆっくり探索してみたいと思います。

あっ、ちなみに萬蔵楽山じゃなくて萬歳楽山の間違いでしたね。
直しておきます。
ヒデ
2012年06月17日 07:00
おはようございます!
日曜なのに仕事なワーキングプアなヒデです!
萬歳楽山はかる~く行って帰ってこれるのでお薦めですよ!登山というより遊歩です遊歩。
第一展望と第二展望台がありまして景色最高です。私はそういうとこしか登りません!
あ、バイクで行っちゃだめですよ(苦笑)

さて。例の山崎峠にもコメントしときました。それではワーキング行ってます


サブロー
2012年06月18日 01:22
どうもお疲れ様です。
なんたる偶然か、、、実は最近、入山線を走ったんです。しかし入山線の行き止まりまで行って、そのあと熊鷹線を走って、すぐ帰ってきました。熊鷹線の支線の存在を知らなかった!
近いうちにもう一回行ってみます。
U・BON
2012年06月18日 09:42
ヒデさん、おはようございます。
日曜日なのにお仕事ご苦労様でした。

と言う私も仕事でした。

萬歳楽山はお手軽コースなんですね。
行こうと思えばバイクでも・・・
行きませんけどね。

健康のためたまには歩きもいいかな。
U・BON
2012年06月18日 09:48
サブローさん、おはようございます。
サブローさんも行ってたんですね、入山線。

熊鷹線の支線は、結構距離もあっていいですよ。
サブローさんには少し物足りないかもしれませんが。

この記事へのトラックバック