岡山の水かけ祭り

10月26日(日)、福島市、岡島の鹿島神社で水かけ祭りが行われました。
画像




このお祭りは、福島県の重要無形文化財に指定されており、800年以上前から続いています。

祭りに関する由来
画像


神輿が神社に戻ってくると、氏子の中老と若衆達が、桶に汲んだ水をかけ合います。

これが祭り一番の見所の「水かけ」です。
画像

画像


桶に汲んだ水がなくなると、いよいよ祭りのクライマックス「桶入れ」の儀式が始まります。

ここ一年に結婚した新婿や、祭りの世話人がターゲットで、大きな桶に藁と一緒に入れられます。
画像

画像

画像


桶に入れられる人は激しく抵抗したりして、見物人は大喜びです!

そして無事、水かけ祭り終了です!
画像


その後、濁酒が振る舞われます。
画像


これが、結構効くんですね~。

喉が「カ~ッ」と熱くなり、調子に乗っておかわりすると、すぐに酔っぱらいます!



祭りが終わると、今度は地元の子供達が太鼓台を牽いて、町内を歩きます。
画像


いろんな所でお菓子など配られて、子供達は大喜びですが、全行程歩くとかなりの距離になり、鹿島神社に戻る頃は、へろへろです。


年々、若者の参加者の減少と高齢化が進み、祭り自体の存続も危うい地域も全国にはあることでしょう。

永遠に続いてほしいものです田舎のお祭り










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月28日 23:55
はじめまして
訪問ありがとうございます。
水かけ..いわきの方でなく
福島でしたか?
よくテレビでは見てましたが?
また、おじゃまします(^-^)
U・BON
2008年10月29日 23:06
桧原湖北部之公一さん、はじめまして。
こちらこそ訪問ありがとうございます。
「水かけ祭り」あちこちでやっておりますね
私は、毎年見に行くんで、もしかしてTVに映ってたかも。
またの訪問お待ちしております。
ではまた!
じろー
2011年08月17日 08:56
水かけ祭は豊作を奉る意味合いが多いですよね。写真も賑やかそうで参加したいほどです。
ほとんどの人の下着が透けて柄物のパンツがみっともなく感じますね。神聖な祭なら白の下着等を着用すると思いますが…
U・BON
2011年08月17日 22:18
じろーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
豊作を奉るも今年は原発の影響で危ういですね。
私もまったく気づきませんでしたがご指摘の通り神聖な祭りに柄パンが今一つでした。
でもどうなんでしょう?白のパンツって濡れると透けるんですよね。
うまくいかないもんですね。

この記事へのトラックバック