秘湯・広河原温泉

またしても、朝から雨

ここまで来ると、もう笑うしかない。

息子達のソフトボールも、もちろん中止

「また、風呂でも入ってくる?」

と言う訳で今日は、山形と福島の県境にある広河原温泉
この広河原温泉、前から一度行って見たかった所でした。

晴れていれば、バイクで行く予定だったのに・・・

しかし、栗子トンネルを抜けると、今までの雨が嘘のように晴れてきました。
画像


「どうなってんだ、いったい!」

広河原温泉は、米沢市内から約1時間、白川ダムに注ぐ広河原の支流・東沢の上流域にあります。

途中からダートが8km位あり、道幅も狭いので、注意です。
画像


門のように立つ杉の木
画像


この先ダート
画像


東沢の美しい渓流を見ながら走ります。
画像


途中、山から流れてくる沢があり
画像


息子達は、山椒魚を捕まえて喜ぶ
画像


この辺一帯は原生林で、巨木が至る所にあります。
画像


「舞茸なんか、そこらじゅう出るんだろうなぁ、」なんて考えていると

広河原温泉、到着!
画像


発見は江戸時代と言われ、明治から大正まで湯治場として栄えていたようですが、過疎化、高齢化が進みだんだんとすたれてしまいました。

しかし、3年前に宿泊施設(湯の華)を再建し、最近はなにかと話題になって、週末ともなれば大勢の人が訪れています。

その話題の理由は、なんと言っても露天風呂に浸かりながら、炭酸ガスによる間欠泉が見れる事です。

露天風呂に浸かりながら、間欠泉が見れる温泉なんて、全国的にも珍しいそうですね。

私達も早速、「ドッポ~ン!」内風呂はこんな感じ
画像


温度は、42、3度と言ったところで、色は赤茶けています。成分は
画像


なんだかよく分らん?が、多分ストレス発散には良いはずだ!

そして、外に

おおおおっ、豪華、間欠泉付き混浴露天風呂
画像


画像


画像


画像


高々と2メートル位、吹き上がる間欠泉、お見事!
画像


だいたい、20分間隔に吹き上がると言ってましたが、私達が入っている間は、約10分間隔でした。

露天風呂の温度は、35度位と夏場には丁度いい湯加減です。

混浴なので老若男女とも入浴していましたが、夕方という事もあり、みんな上がって貸切になり

温水プールと勘違いしたか、二男、またしてもクロールで泳ぎ出す。
画像


お勧めは、日曜日の夕方ですかね?

ちなみに、この間欠泉、時々10メートル以上吹き上がる事もあるそうです。

是非、見てみたいものです。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くじら
2008年09月02日 06:27
おはようございます^^
秘湯シリーズ、楽しく拝見させて頂いています♪
地図を見ると、道が表示されていませんねw
まさに秘湯の名にふさわしい温泉と思いました。
露天風呂から見れる間欠泉!
てっきり、お風呂の外かと思ったら、中にあるんですねw
すごい醍醐味ですねー!
行ってみたいです!
くじら
2008年09月02日 06:28
あ・・
拡大で道ありましたね(;^ω^)
U・BON
2008年09月02日 23:17
くじらさん、お晩です。
是非、行ってみて下さい!
ダートと言っても、整備されているので、オンロードバイクでも楽勝ですよ!多分・・
以外に、新潟ナンバー多かったです。
間欠泉、なんの前振りもなく、噴き出す時があるので注意が必要です。

この記事へのトラックバック