続・塩蔵わらびの塩抜き

昨日に引き続き、塩蔵わらびの塩抜きです。

朝一で、水を取り換え、出勤!

夕方帰宅後、朝取り換えた水を捨てます。

もうこの時点で塩は完全に抜けています、後は食べるだけです!

煮て良し、炒めて良し、そのまま食べて良し、鰹節をかけて醤油をかけて、いただきます!
画像


残りは適当に切り、容器に薄めた醤油と一緒に入れ一晩漬けておきます。
画像
味がしみてこれまた、旨いですよ!

山菜などを保存して、採れない時期に食べると言うのは、昔から伝わる日本人の大切な文化です、これから先も若者が率先してやるべきですね!

ちなみに、ぜんまいは、その昔、大切な現金収入源で、子供も学校を休み家族総出で山に入る「ぜんまい休校」なるものも、あったそうです。とても興味深い話ですね!

それに比べ、今の子供たちのなんと贅沢なことか・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のん
2008年03月06日 20:40
美味しそうですね~。
いや~頭が下がります。台所仕事もマメにコナスなんて、奥さんも大喜びじゃありませんか!
ediblewildplants
2008年03月11日 20:30
先生おばんです!おいしく食べて頂き有難うございます。今度は例の調理法の紹介よろしく?そう「なめとろ」です!
U・BON
2008年03月11日 23:18
例のヤツですか?やはり「なめとろ」は、生のじゃないとね!

この記事へのトラックバック